会社概要・沿革

会社概要 (平成30年1月31日現在)

商 号 株式会社 静岡茶市場(かぶしきがいしゃ しずおかちゃいちば)
所在地 静岡市葵区北番町94番地
設 立 昭和31年4月16日
資本金 3,000万円
業務内容 茶の実物取引
役 員 代表取締役社長 内田 行俊
取締役 14名
監査役 2名
会計参与 1名
職 員 取引部 8名
業務部 7名
取引銀行 静岡銀行 静岡県信連 他
売手 県内外の農協・茶生産者
買手 商工業者172社
株式構成 発行済株式  6,000株
(買手 26%、静岡県17%、農協14%、銀行 7%、茶生産者・その他 36%)
株主合計 457名    (表記未満切捨て)
(平成30年1月31日現在)

沿革

昭和31年 4月 本社を静岡市北番町82-1に定めセリ売りで営業を開始した。
昭和32年 一般社団法人 茶取引安定協会設立。
昭和33年 静岡茶市場仲立人株式会社設立。
茶市場内の取引の媒介を同社に委託し、セリ売りから相対売買に変更する。
茶の受託販売本社所在地を現在地に移転。
昭和40年 取扱手数料を従量制から従価制に切り替える。
昭和46年 静岡茶市場仲立人株式会社が解散し業務の一本化をはかる。
昭和52年 取引銀行及び関係各位のご協力により売手に対する支払をすべて現金払とする。
平成元年 コンピュータの導入により事務の迅速合理化を図る。市況テレフォンサービスを開始。
平成5年 静岡県農協電算センター(平成29年1月31日現在)とデータオンライン開始。
平成6年 新社屋竣工。
平成8年 全国茶品評会第50回記念大会の審査会、入札会場となる。
平成12年 インターネットホームページ開設。
平成18年 創立50周年記念式典挙行。